株式会社 渡辺組

会社案内

統合方針/事業運営方針

株式会社渡辺組は「事業を通して地域社会に貢献する」 の理念の下、土木・建築工事業としての事業活動で、顧客の要求する品質、地球規模の環境及び地域の環境との関わり、働く人々の安全と健康の保持に配慮して事業を展開します。これを更に強化し、確実なものとするために品質・環境・労働安全衛生に関する統合マネジメントシステムを構築し、以下のことに取り組んで参ります。

  • ・部門毎に安全及び健康の保持に関する目標を設定し、その運用を管理する
  • ・建設事業に潜在するリスクを評価し、受容可能なレベルに低減する管理策を講ずる
  • ・働く人々の安全と健康の維持・増進を図り、安全衛生管理活動の継続的な改善を図る
  • ・教育・訓練他の機会を通して働く人々に安全行動の重要性を認識させ守らせる
  • ・作業場の安全衛生環境の改善のために働く人々の意見を聴き、可能な限り実現する

労働安全マネジメントシステム
(OHSAS18001)

2007年に“建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS)”を運用を開始し2011年に認証取得、安全・品質・環境の3つのマネジメントシステムを統合するという考えにより“OHSAS18001:2007”を認証取得し移行を図りました。
現在ISO45001への移行を目指しています。

安全方針

建設事業に関して、以下の安全及び健康の保持のための措置を講ずる

  • ・部門毎に安全及び健康の保持に関する目標を設定し、その運用を管理する
  • ・建設事業に潜在するリスクを評価し、受容可能なレベルに低減する管理策を講ずる
  • ・働く人々の安全と健康の維持・増進を図り、安全衛生管理活動の継続的な改善を図る
  • ・教育・訓練他の機会を通して働く人々に安全行動の重要性を認識させ守らせる
  • ・作業場の安全衛生環境の改善のために働く人々の意見を聴き、可能な限り実現する

品質マネジメントシステム
(ISO9001)

2000年にISO9001:2000を、建築物の設計、工事管理及び施工並びに土木構造物の施工について品質確保の為に認証取得しました。
その後ISO9001:2008に移行し、2016年にISO9001:2015へと更新・移行し品質の向上を目指すと共に、ステークホルダー(利害関係者)の満足度を高める方針です。

品質方針

建設工事において以下の品質特性を確実にする

  • ・お客様の満足を得られるように、求められる品質特性を完全に満たす施工を行う
  • ・形状、色彩、出来栄え、安全性、強度などの特性を完全に満たす製品を造る
  • ・部門毎に顧客満足を向上させる品質目標を設定し、実施プロセスを管理する

環境マネジメントシステム
(ISO14001)

2016年にISO14001:2015の認証取得をしました。我社の取組としましては社有林の管理・間伐等により二酸化炭素吸収量の増加を図ると共に、当面の社有林面積を目標3,000ヘクタールとする計画です

環境方針

建設事業に関して、以下の環境特性について管理する

  • ・部門毎に環境活動に関する目標を設定し、その運用プロセスを管理する
  • ・積極的な森林経営により、温室効果ガスの吸収と蓄積を図るとともに、地域社会の環境維持に貢献する
  • ・土木工事及び建築工事に係る建設事業に伴う騒音・振動・粉じんの低減、水質汚染、大気汚染及び土壌汚染の予防、関係者の健康被害の防止に努める
  • ・使用エネルギー及びエネルギー資源の節減によるCO2排出量の低減を通して地球温暖化を防止する活動を意識した事業展開を図る
  • ・リサイクル性、ライフサイクルなどを考慮した建設物の設計及び施工を通して天然資源の持続性を可能とする省資源・省エネ型の事業展開をする
  • ・生態系、生物多様性外環境の保護に関して配慮して事業展開する