Interview
出口 稔樹
Deguchi Toshiki
2015年入社
渡辺組 建築部
遠軽町出身
担当業務について

私は建設現場での施行管理業務を担当しています。建築工事ではさまざまな業種の人が集まり施工完了に向けて動きますが、その工程が円滑に進むよう各業者の作業の流れを把握しながらそれを調整しています。

また工事が適正に行われているか工事写真を撮影しながら確認し品質管理も行っています。現場には足場設備の不備など危険が多いため、それらの安全管理や書類整理なども私の業務です。

入社のきっかけ

渡辺組では専門系の学校への入学金や授業料を負担し、会社員として専門学校で授業が学べる「企業委託生制度」を行っています。私は受験時に建築関係の専門学校への進学を決めていましたが、経済的な問題が一番の悩みでした。そこで渡辺組と企業委託生制度のことを知り、支援もいただきつつ働け、就職先としても魅力的であった渡辺組に入りたいと思い入社を決めました。

渡辺組の魅力とは

渡辺組では地元の生産品を使った食品加工事業や飲食店事業、高校生を対象とした下宿の運営、山林事業を活用したSDGsへの取り組みなど、さまざまな事業で地域に貢献しています。創業から100年以上もの間、このような地域の活性化や北海道の持続的な成長という観点から事業を運営する会社は、ほかではなかなか見られないと思います。

一企業として地域に寄り添う姿勢がはっきりと感じられる部分が魅力だと思っています。

仕事で大切にしていること

建築物は必ず住む人や利用する人がいるもので、安心安全であることが絶対条件です。一つの判断ミスが重大な結果を招くこともあるのです。そうならないよう、建築物に関わる全ての人の安心安全を常に考えながら、日々真摯に取り組むことを意識しています。また仕事は学びの連続ですので、毎日知識を吸収できる姿勢を保ちながら仕事を行っています。

あなたにとって、
オホーツクで働く価値とは

地元・遠軽町にこれからも残り続ける建物を造ることができるのは、私の誇りだと感じています。北海道でも特に自然が多いオホーツクで育ってきた私ですが、その自然や町の一員として人々の暮らしを豊かにできることはとても意義があること。これから先もオホーツクが活性化していく姿を近くで見届けられたらうれしいです。

就職を希望される方へ

まずは自分の一番やりたいこと、好きなことを見つけてください。今はスマホなどでいろいろな仕事についてたくさんの情報をインプットできる時代で、その中から少しでも興味がある職業を探してみて欲しいと思います。渡辺組では建設業だけではなく、飲食業や食品加工業などさまざまな事業を展開しています。

その中でもしかしたら自分がやりたい仕事がある可能性もありますので、オホーツクに貢献したいという方はぜひ一緒に働きましょう。